​お知ら​せ一覧

  • 日本青年心理学会事務局

日本発達心理学会:国際ワークショップと公開講演会についてお知らせ

 日本発達心理学会が毎年夏に開催してきた国際ワークショップ、

2020年度と2021年度は新型コロナウイルス感染症のため中止(延期)

となっていましたが、2022年度は9月2日(金)~9月4日(日)に

対面で開催いたします。また、3日目の午後には、公開講演会を開催

いたします。


 お招きする講師は、オーストリアのウィーン大学(University of

Vienna)心理学部よりタクヤ・ヤナギダ先生(Dr. Takuya Yanagida)、

そしてフィンランドのトゥルク大学(University of Turku)心理学部

よりリディア・ラニンガ-バイネン先生(Dr. Lydia Laninga-Wijnen)

です。


 ヤナギダ先生は、統計の専門家としてヨーロッパ発達心理学会

(European Association for Developmental Psychology: EADP)の

学会誌(European Journal of Developmental Psychology: EJDP)で

Associate editor(特に発達に関する測定 Developmetrics に関する

部分の査読担当)を務めておられます。また、いじめの国際比較研究に

関しても多くの論文を執筆されています。


 ラニンガ-バイネン先生は、人間発達に関する電子ジャーナル

(Journal of Applied Developmental Psychology: JADP)の編集委員を

務めておられます。また、いじめと友人関係に関する研究にも取り組んで

おられます。


 フリーソフトRで統計分析を始めたい方、海外の学会誌に英語で論文

投稿してみたい方など、大学院生や若手研究者を主な対象としたワーク

ショップとなっております。皆さま奮ってご参加ください。


※いずれも対面での開催を予定しておりますが、今後の状況によっては

 オンライン開催への変更や中止になる可能性もございます。


※ワークショップは基本的に英語で行われますが、日本語で質問して

 いただくことは可能です。参加者は各自ノートPCをご持参ください。


★詳細は日本発達心理学会ウェブページをご覧ください。

https://www.jsdp.jp/contents/workshop-symposium/workshop2022.html


【プレワークショップ】

テーマ:Q&A about R(統計分析ソフトRについての質疑応答)

日 時:2022年8月19日(金)17:00~19:00

会 場:Zoomミーティング

※申込者のみ参加できます。資格更新ポイント対象外です。


【国際ワークショップ】

テーマ:Longitudinal Data Analysis: Panel Models Investigating Relative

     Change(縦断データ分析: 相対的変化を調べるパネルモデル)

日 時:2022年9月2日(金)~4日(日)

会 場:大阪大学 豊中キャンパス 全学教育管理・講義A棟2階HALC1

定 員:25名程度(事前申込制、希望者多数の場合は若手を優先)

申 込:http://bit.ly/3cLeBKf

締 切:2022年8月19日(金) ←締切延長中

※臨床発達心理士、学校心理士、臨床心理士の資格更新ポイント対象です。


【公開講演会】(通訳あり)

テーマ:Methodological approaches: How they shape research

    (方法論的アプローチ:どのように研究を形づくるのか)

日 時:2022年9月4日(日)13:30~16:30

会 場:大阪大学 豊中キャンパス 大阪大学会館 講堂

定 員:200名(事前申込制、先着順)

申 込:http://bit.ly/2xnraex

締 切:2022年8月31日(水)

※臨床発達心理士、学校心理士、臨床心理士の資格更新ポイント対象です。


詳細はこちら



最新記事

すべて表示