top of page
植物

国際交流

国際交流委員会企画

国際交流委員会企画

​日本青年心理学会 第30回大会
国際交流委員会企画シンポジウムのご案内

英語論文への向き合い方

 

日 程         :2022年12月11日(日)9:00〜11:00

場 所         :​日本青年心理学会第30回大会Zoom開催

参加方法  :第30回大会への「大会参加申し込み」をご覧ください

 

​司   会:

話題提供者:

話題提供者:

話題提供者:

話題提供者:

指定討論者:

​内   容:

​発表原稿は

髙坂 康雅(和光大学)

繁田 京之輔(広島大学大学院)

石井 悠紀子(東京大学大学院)

飯村 周平(創価大学)

宅 香菜子(オークランド大学)

天谷 祐子(名古屋市立大学)

 昨今では,心理学においても英語論文を書き,海外の学術誌に投稿・掲載することは珍 しいことではなくなった。特に,大学院生や若手の研究者にとってはポストや研究費を獲 得する上で,英語論文の業績は必須なものとなってきており,大学院生でもすでに数本の 英語論文の業績を有している者も珍しくない。

 そのようななかでも,英語論文の執筆・投稿に抵抗感を抱いている者や,英語論文の執 筆指導に困難を感じている者も少なくない。そこで,本シンポジウムでは,現在英語論文 に取り組み,業績を積み上げている大学院生 2 名と,英語論文の執筆・指導経験を有する 研究者 2 名に登壇いただき,英語論文への向き合い方・取り組み方について語っていただ く。指定討論も含めて,シンポジウムへの参加者も巻き込んだ意見交換の場としたい。

こちら

​これまでのテーマ

国際交流委員会企画国際ワークショップ・シンポジウム

第30回大会(2022年 関西学院大学)国際交流委員会企画シンポジウム 英語論文への向き合い方

第29回大会(2021年 東京女子大学)国際交流委員会企画シンポジウム アカデミック・キャリアにおける国際交流

第28回大会(2020年 南山大学)国際交流委員会企画シンポジウム 我々は「自尊感情の向上」を教育目標にするべきなのか?

第27回大会(2019年 東京工芸大学)国際交流委員会企画シンポジウム 研究を国際的に展開・発信する意義と課題—若者の社会移行を例に—

第3回国際ワークショップ(2018年7月29日 筑波大学東京キャンパス) 青年期における時間的展望研究と英語論文投稿について

第2回国際ワークショップ(2018年3月28日 和洋女子大学九段フォーラム) 日本の青年心理学者の国際的研究活動における戦略—国際的研究交流を支える立場,エディターの視点から—

第1回国際ワークショップ(2016年8月6日 名古屋大学) オランダ・日本におけるアイデンティティ研究・青年発達研究

第23回大会(2015年 立教大学)国際交流委員会企画シンポジウム 日本青年心理学会における国際交流について

これまで(国際交流)
bottom of page