top of page

ニューズレター

会員異動などの個人情報は削除してあります。

​号数をクリックするとPDFが開き、特集・書評タイトルをクリックするとPDF掲載ページが開きます。

 

なお広報・ニューズレター編集委員会では第72号より,会員の皆様から意見や要望を募るとともに,自由な投稿・寄稿を募集しています。

会員から募集するのは,以下の5つです。

①特集テーマに取り上げて欲しいトピックス 「特集テーマ提案」

②書評に取り上げて欲しい書籍 「書評推薦図書」

③書評執筆の希望 「書評執筆希望」 

④次号の特集テーマに関する投稿の申し込み 「特集テーマ投稿希望」

⑤会員からの情報や意見の自由投稿 「投稿:会員から」

投稿・寄稿時には,必ず件名を「」内の通りとし,本文の最初にお名前と所属・連絡先メールアドレスをお書きください。連絡先:jsyap-nec<at>googlegroups.com (日本青年心理学会 広報・ニューズレター編集委員会)

  • 第66号
    ニューズレター第66号(2015年2月6日​発行) 特集:日本青年心理学会第 22 回大会 書評: ・日本青年心理学会(企画) 『新・青年心理学ハンドブック』 ・田中康雄(監修) 藤森和美・辻惠介(編集) 『発達障害とキャリア支援』
  • ​第65号
    ニューズレター第65号(2014年9月4日​発行) 特集:青年期の終わり 書評:梶田叡一(著)『不干斎ハビアンの思想―キリシタンの教えと日本的心性の相克―』
  • ​第64号
    ニューズレター第64号(2014年6月2日​発行) 特集:全入時代の大学生の学修への態度・意欲 書評:髙坂康雅 著 『劣等感の青年心理学的研究』
  • ​第63号
    ニューズレター第63号(2014年2月20日​発行) 特集:日本青年心理学会第 21 回大会 書評:都築 学『今を生きる若者の人間的成長』
  • ​第62号
    ニューズレター第62号(2013年10月18日​発行) 特集:職業選択や就職活動から見えてくる今どきの青年 書評: 梅崎 修 / 田澤 実(編著)『大学生の学びとキャリア: 入学前から卒業後 までの継続調査の分析』・下村英雄(著)『成人キャリア発達とキャリアガイダンス:成人キャリア・ コンサルティングの理論的・実践的・政策的基盤』
  • ​第61号
    ニューズレター第61号(2013年6月30日​発行) 特集:青年と読書 書評: ・村澤和多里・山尾貴則・村澤真保呂(著)『ポストモラトリアム時代の若者 たち(社会的排除を超えて)』 ・白井利明・都筑学・森陽子(著)『やさしい青年心理学』(新版)
  • ​第60号
    ニューズレター第60号(2013年1月25日​発行) 特集:日本青年心理学会第 20 回大会特集号 書評: スーザン・ヴォーゲル著,西島実里訳『変わりゆく日本の家族—<ザ・プ ロフェッショナル・ハウスワイフ>から見た 50 年』 梶田叡一・溝上慎一編『自己の心理学を学ぶ人のために』
  • ​第59号
    ニューズレター第59号(2012年10月1日​発行) 特集:今の青年と自分自身の青年時代を比べて~共通点と相違点〜 書評: ・速水敏彦編著『仮想的有能感の心理学-他人を見下す若者を検証する』 ・若松養亮著『大学生におけるキャリア選択の遅延-そのメカニズムと支援』
  • ​第58号
    ニューズレター第58号(2012年6月30日​発行) 特集:ネット・コミュニケーションと青年 書評: ・菊池章夫・二宮克美・堀毛一也・斎藤耕二編著 『社会化の心理学/ハンドブック-人間形成への多様な接近』 ・山岸明子著『こころの旅-発達心理学入門』
  • ​第57号
    ニューズレター第57号(2012年1月17日​発行) 特集:日本青年心理学会第 19 回大会 書評: ・吉岡和子・高橋紀子編著『大学生の友人関係論』 ・平石賢二編著『思春期・青年期のこころ 改訂版』
  • ​第56号
    ニューズレター第56号(2011年10月14日​発行) 特集:社会的危機と青年 書評: ・松島公望著『宗教性の発達心理学』 ・天谷祐子著『私はなぜ私なのか』
  • ​第55号
    ニューズレター第55号(2011年6月10日​発行) 特集:映画・音楽・小説等を青年心理学的に解釈する,または青年心理学の講義で取り上げる 書評: ・溝上慎一著『現代青年期の心理学-適応から自己形成の時代へ-』 ・浦上昌則著『キャリア教育へのセカンド・オピニオン』

​これより以前のニューズレターのバックナンバーはこちら>>>

bottom of page