​お知ら​せ一覧

  • 日本青年心理学会事務局

日本心理学会からのお知らせ

●公益社団法人 日本心理学会

機関誌 Japanese Psychological Research (JPR) 特集号論文


"Narrative Based Research and Practice in Psychology"

(心理学におけるナラティヴ実践研究)一般公募


この特集号は,心理学における研究と実践におけるナラティヴ思考モードを探求するものです。

ナラティヴ研究はナラティヴ医学や,心理社会的支援,心理療法に限らず,広いテーマを包含します。人の発達,アイデンティティ形成,キャリヤ発達,世代継承,高齢者の回想におけるライフストーリー研究はもちろん,生活の様々な現場において試みられている質的研究,さらに当事者研究などが話題を集めています。

この特集は,心理学におけるナラティヴ実践研究のすべてのタイプの研究を広く求めるものです。またナラティヴの視点に関わる方法論の体系的な展望や概説なども歓迎します。


掲載予定号:Japanese Psychological Research, Vol.63, No.2(2021年4月号)

投稿締切:2020年 4月30日(木)

編集者:森岡 正芳(立命館大学)・野村 晴夫(大阪大学)


特集号の詳細については,以下をご参照ください。

https://psych.or.jp/publication/jpr11/


なお,JPRは,季刊(年4冊,1,4,7,10月)で1年1巻とし,Original,Brief Report,Review の欄があります。

JPRには,会員・非会員を問わずどなたでもご投稿いただくことができ,掲載料は不要です。

オンライン上(Wiley Online Library)での公開も行っており,全論文がフリーアクセスとなっておりますので,どなたでも無料(2019年8月現在)でご覧いただけます。


日本心理学会ホームページhttp://www.psych.or.jp/

JPR電子投稿システムhttps://jpa.iap-jp.org/jpr/

Wiley Online Libraryhttps://onlinelibrary.wiley.com/journal/14685884

最新記事

すべて表示

研究委員会企画ワークショップの詳細が決まりましたのでご案内いたします。 詳細はこちら https://www.jsyap.org/blank-2 新型コロナウィルス感染症は青年の適応や発達に何をもたらしたか ―生物・心理・社会的視点からの複合的検討― <話題提供者> ・谷井 久志(三重大学)「新型コロナウィルス感染症がメンタルヘルスにもたらしたもの(生物学的視点から)」 ・伊藤美奈子(奈良女子大学

日本青年心理学会第29回大会の大会発表論文集が公開されました。 また現在,大会参加申し込みを受け付け中です。 〆切は10月18日まで(Googleフォームによる申込みと入金完了/学生会員はGoogleフォームによる申込みのみ)。 期限を過ぎた後の参加申込み,当日参加申込みには対応できませんのでご注意ください。 非会員の方のご参加も可能です。 詳しくはこちらをクリックしてください。