​お知ら​せ一覧

  • 日本青年心理学会事務局

研究委員会企画シンポジウム(2021.12.12)のご案内

研究委員会企画ワークショップの詳細が決まりましたのでご案内いたします。

詳細はこちら https://www.jsyap.org/blank-2


新型コロナウィルス感染症は青年の適応や発達に何をもたらしたか

―生物・心理・社会的視点からの複合的検討―

<話題提供者>

・谷井 久志(三重大学)「新型コロナウィルス感染症がメンタルヘルスにもたらしたもの(生物学的視点から)」

・伊藤美奈子(奈良女子大学)「コロナ下における学校現場-不登校に焦点づけて」

・橋本 剛 (静岡大学)「コロナ禍社会におけるアイデンティティと適応」

<指定討論者> 三浦 麻子(大阪大学)

<司 会 者> 原田 新 (岡山大学)

日  程:2021年12月12日(日)13:00~16:00(16:30〜18:00 交流会)

開催方法:Zoomによるオンライン開催(交流会はoVice)

参 加 費 :無料

申込締切​:2021年12月11日(土)13:00まで


最新記事

すべて表示

日本発達心理学会が毎年夏に開催してきた国際ワークショップ、 2020年度と2021年度は新型コロナウイルス感染症のため中止(延期) となっていましたが、2022年度は9月2日(金)~9月4日(日)に 対面で開催いたします。また、3日目の午後には、公開講演会を開催 いたします。 お招きする講師は、オーストリアのウィーン大学(University of Vienna)心理学部よりタクヤ・ヤナギダ先生(