​お知ら​せ一覧

  • 日本青年心理学会事務局

理事長挨拶

更新日:4月11日




 2022年4月より日本青年心理学会の理事長に就任いたしました。会員の皆様にご挨拶申し上げるとともに、本ホームページにお訪ねいただきました皆様にお礼申し上げます。


 日本青年心理学会は、1963年に発足した青年心理懇話会が発展して生まれました。当初より顔の見える関係を大切にしてきており、対面の大会時の懇親会では大会参加者の半数近くが出席する稀有な学会です。


 日本青年心理学会では、中高校生や働いている青年、さらには成人期まで、またコロナ禍や貧困と青年といった現代日本の社会問題から世界の最新の研究に至るまで、幅広く研究交流をしています。是非とも毎年開催される大会をお訪ねいただき、青年心理学の最前線を見てくださいますようお願いいたします。


 青年心理学は発達心理学もしくは教育心理学、社会心理学や臨床心理学、認知心理学、産業心理学など多様なアプローチからなる複合領域です。また、青年の心理と行動は、社会学や教育学、哲学や経済学、医学、生理学、そして教育・臨床・社会の現場とつながることで理解できます。青年に関心をお持ちの方はお力添えくださいますよう心からお願いいたします。


 本学会は、若手のやりたいことを支援するとともに、異なる世代間の交流を促進します。新体制はそのために持続可能な学会組織を整備したいと思っています。どうぞご支援を賜りますようお願いいたします。


2022年4月11日

日本青年心理学会

理事長 白井利明


最新記事

すべて表示

日本パーソナリティ心理学会経常的研究交流委員会・日本青年心理学会研究委員会の合同企画でオンラインシンポジウム「多様な青年のパーソナリティ発達の問題を考える」を行います。 日時: 3月26日(土) 13:00〜15:00 (15:00〜16:00 交流会) 会場:Web開催 Zoom:シンポジウム oVice:交流会 登壇者: 話題提供者:荘島 幸子(帝京平成大学) 話題提供者:加藤 弘通(北海道大

青年の時間的展望関する研究者であり、2018年7月に本学会の国際ワークショップ でご講演いただいた、 Frank C. Worrell教授(UC Berkeley)が、2022年のAPA Presidentに就任しました。 https://www.apa.org/about/governance/president 歴代APA Presidentには、マズローやセリグマンなど、錚々たる心理学者が名