​本年度の大会について

​本年度の大会について

大会のお知らせ

タイトル     :日本青年心理学会第27回大会

会期             :2019年12月21日(土)~22日(日)

会場             :東京工芸大学 中野キャンパス→会場までの道のりご案内(写真つき)

〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5

地下鉄/東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線

-中野坂上駅下車 徒歩約7分 

 https://www.t-kougei.ac.jp/access/#nakano

プログラム:

タイムテーブル

​第1号通信

第2号通信

参加費等の

振込に関する注意

・招待講演:竹田青嗣氏「現象学による心理学の哲学的基礎—現代社会における学問の危機を越えて—」

・研究委員会企画シンポジウム「現代青年における学校から社会への移行の多様性」

・国際交流委員会企画シンポジウム「研究を国際的に展開・発信する意義と課題—若者の社会移行を例に—」

・大会準備委員会企画シンポジウム「青年心理学における出版のあり方を考える—青年や支援者の心をつかむ企画とは—」

・自主シンポジウム「公認心理師時代の青年心理学」

PRはこちら

 

・口頭発表18 →PRはこちら

1日目

2日目

準備委員会

小沢一仁(東京工芸大学)大会委員長

橋本和幸(了徳寺大学) 事務局長

安藤嘉奈子(共立女子大学)

松島公望(東京大学)

桂瑠以(川村学園女子大学)

内田洋子(そらうみクリニック)

大会参加申込みフォーム 

​予約参加申込み:締め切りました

参加費など振込:締め切りました

研究発表・自主シンポジウム申込みフォーム

申込み締切:2019年8月31日(土)締め切りました

原稿締切:2019年9月20日(金)締め切りました

 *国際交流委員会企画シンポジウムの指定討論者は,乾彰夫氏(首都大学東京・教育学)から杉村和美氏(広島大学・心理学)に変更となりました。ご了承ください。

今回から国際化の一環としてJ-STAGEに表題,氏名,所属の英文表記も登録することになりました。原稿作成要領の変更にご注意ください。

個人研究発表テンプレート(雛型)

シンポジウムテンプレート(雛型)

 *シンポジウム原稿の送付の際には,メール本文に登壇者全員の「氏名」と「所属」の英語/ローマ字表記をお知らせください。

大会準備委員会の口座が総合口座となっております。その関係で以下のいずれかの方法でしか振り込むことができません。

1.ご自分のゆうちょ銀行の口座から送金する(ATM以外にゆうちょダイレクトでも良い)

2.ご自分の金融機関の口座から送金する(ATM以外に各金融機関のインターネットバンキングでも良い)

3.現金でのお振込の場合は、ゆうちょ銀行窓口で手続きをする(今回は5万円未満の送金なので手数料が540円)

現金で郵便局から手続きしようとすると「3」しか方法がありませんのでご注意ください。

1号通信での説明と異なりますことをお詫びいたします。

日本青年心理学会事務局

〒157-8565 東京都世田谷区北烏山8-19-1 日本女子体育大学 三好研究室気付

seinenshinri <at> gmail.com ( <at>を@に置き換えてください )